「お~いお茶」のおいしさに隠された、茶師の奥さま達のひとものがたり。

前回に引き続き、家事と子育て、お茶づくりを両立させる女性陣の頑張りに注目!今回は、写真左から堀口大輔さんの奥さま・亜矢子さん、堀口将吾さんの奥さま・恵美子さん、堀口晃さんの奥さま・美希さんの3人にお集まりいただき、座談会を開催。水出し緑茶を飲みつつ、茶畑女子トークに花が咲きました!
※旦那さんたちの座談会の模様は、新茶編15話をご覧ください

笑顔が素敵な、お茶屋さんの窓口役。家族、職場のみんなで理想の子育てを実践!

亜矢子さん「3年前に大輔さんと結婚して、大輔さんのお父さん、泰久さんの経営する堀口製茶に入社しました。当初は茶畑や工場で働いていましたが、子供を授かってからは主に事務やお客様対応などを担当しています。一緒に働くお義母さんたちの支えもあり、2歳の息子、新太(あらた)ものびのびと成長しています。」

家事と育児をこなしつつ、茶畑を奔走。茶葉づくりの最前線で働くスーパーママさん!

美希さん「晃君と6年前に結婚してから、ずっと茶畑へ出て働いています。最初はお茶の勉強や機械の運転など、基本を覚えることで精一杯でしたが、今は毎日の作業内容や摘採予定を決め、お手伝いさんにお願いしたり、責任ある仕事を任されています。家事や育児との両立で大変ですが、強いやりがいを感じています。」

8年前、単身飛び込んだお茶の世界。女性目線で、新たなお茶のスタイルを開拓!

恵美子さん「千葉から嫁ぎ、将吾君のお父さん、常弘さんの経営する堀口園に入ったのが8年前。担当は、事務や経理などのサポート。今は、女性スタッフ中心に女性目線での商品企画、運営を行うチームのリーダーもしています。様々な経験の中、お茶の奥深さを強く感じるようになりました。」

お茶って、本当に面白いと思う。たくさんの人にその魅力とおいしさを伝えたい。

恵美子さん「高品質であることはもちろん、見た目におしゃれで機能的で、生活シーンや気分に合わせて飲める商品づくりを心がけています。まずは親しみやすさを入り口に、急須での淹れ方や茶器選びに凝ってみたり。緑茶を飲むっていいね、カッコいいねって、多くの人に気づいてほしいんです。」

尽きることのない座談会トーク、【後編】へ続く!どうぞご期待ください!

亜矢子さん「こんな風に、忙しいお茶時期に3人で集まるのはなかなか難しいですが、みんなでたまにお茶するときは家事や育児の話で盛り上がり、ついつい時間を忘れて話しちゃいます!みんな同時期に初めての子供を産んで不安もあったし、他愛のないおしゃべりでもすごくリフレッシュできるので助かっています。」