緑茶の新たな楽しみ方。水出し緑茶のおいしさ、魅力をおさらいします。

こんにちは!のりすけです。梅雨明けを控え、厳しい日差しを感じる日が増えてきましたね。今年の夏は、猛暑と予想されているなんて噂もチラホラ。そこで今回は、真夏の暑さも和らぐ、涼やかで味わい深い水出し緑茶の魅力をおさらいします。きりっと冷えたおいしい水出し緑茶で、この夏を乗り切りましょう!

熟練の茶師も認める、水出し緑茶のおいしさ。多くの人にその魅力を伝えたい。

私がこれまでに茶どころを訪ねた際、茶畑での農作業の合間に、荒茶工場の休憩時間に、茶農家の皆さんの間で、水出し緑茶が日常的に飲まれていることを感じました。手軽に飲めることはもちろん、冷たい水と氷でじっくり淹れることにより、茶葉の旨みや甘みを存分に楽しめるのも、大きな魅力ということでした。

夏のティータイムを涼やかに演出。皆さまも、ぜひ一度お試しください。

また、水出し緑茶のおすすめポイントがもうひとつ。それは、淹れた時の鮮やかな緑色の水色。美しい緑色が、私たちを見た目にも楽しませてくれます。氷がグラスに触れる、涼やかな音。皆さまもぜひ、真夏の暑さを一瞬忘れて、おいしい水出し緑茶で楽しいひとときをお過ごしください。

厳選茶葉と独自製法から生まれた、「氷水出し 京都宇治抹茶入り お~いお茶」。

「氷水出し 京都宇治抹茶入り お~いお茶」は、甘みを存分に引き出すため、甘み豊かなかぶせ茶や、希少な京都産宇治抹茶を使用。また、氷と水でじっくり抽出することで甘みを引き出し、緑鮮やかな水色を実現する新製法により、おいしさを追求したとのこと。茶師も絶賛の夏の逸品!ぜひ皆さまもお楽しみください!
※かぶせ茶に関しては新茶編22話をご覧ください

【茶葉の旨みと甘み、茶師のこだわりが込められた、贅沢な一杯】