全国の皆さまのお手元に、愛情込めて育てたお茶をお届けできる喜び。

皆さまこんにちは!今日私は、「氷水出し 京都宇治抹茶入り お~いお茶」の原料である抹茶を育てる、西中健さん・リンダさん夫妻を訪ねて、京都府南山城村にある茶工場にやってまいりました。猛暑の中お茶づくりを頑張るご夫婦に、今のお気持ちや、飲んでみての感想を聞いてきました!

ケンと一緒に、心待ちにしていた発売日。故郷のみんなも喜んでくれました。

リンダさん「うちでは毎朝、自分たちでつくった抹茶を冷たい水で淹れて飲んでいます。健康的な一日をスタートするために欠かせない習慣です。『氷水だし 京都宇治抹茶入り お~いお茶』の発売日には、近所のお店に買いに走りました。本当に楽しみにしていたし、初めて飲んだ時の感動は忘れられません。」

ベルギーでも、抹茶ファン急増中!たくさんの人に手に取って、味わってほしい。

リンダさん「柔らかな味ですっきりとして飲みやすいし、私たちのお茶が入った製品ができて、言葉にならない喜びを感じています。今度ベルギーに帰るときに、家族や友人にプレゼントとして持っていきますよ。皆で頑張って育てて、出来上がったお茶だから、世界中、たくさんの人に味わってほしいですね。」

これまで自分たちのやってきたことが、ひとつの大きなカタチになった。

健さん「初めて飲んだとき、めっちゃうまいやん!って思いました。うちのお茶が入った商品を全国の皆さまにお届けできることに、茶農家として大きな誇りを感じます。お茶の緑色もきれいだし、すっきり飲めて夏にぴったり。抹茶づくりを始めて3年ですが、これまでのいろんな苦労が報われるような気持ちです。」

夫婦の愛情がたっぷりつまったお茶。皆さん、たくさん飲んでや~。

健さん「真夏に茶工場で働くときは、きりっと冷えた飲み物が無性に欲しくなります。『氷水出し 宇治抹茶入り お~いお茶』を冷やしておけば、おいしく飲めて体調管理の面でも安心。私たち茶農家と、伊藤園さんとで共につくりあげた努力の結晶のような商品ですので、たくさんの方に飲んでいただきたいです!」