茶畑より感謝を込めて。ご愛読に、心より御礼申し上げます!

こんにちは!のりすけです!暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?「茶畑日記 夏篇」は、今回を持ちまして終了とさせていただきます。「茶畑日記」で茶畑を駆け回る日々は、元々緑茶が大好きな私にとっても、新しい発見、新しい人々との出会いがあり、幸せな時間となりました。

へー!そうだったのか!緑茶のことを、もっと多くの人に知ってもらいたい。

今回は、水出し緑茶のおいしさ、ことわざや専門用語などお茶に関する豆知識、お茶を使ったアレンジレシピなど、緑茶という飲み物の魅力を、皆さまにより幅広くお伝えできるよう心がけました。「茶畑日記」を機会に、一人でも多くの方に、素晴らしい日本の文化「緑茶」への興味を持っていただけたなら幸いです。

「氷水出し 京都宇治抹茶入り お~いお茶」で、猛暑を乗り切りましょう!

まだまだ、暑い夏は続きます。「氷水出し 京都宇治抹茶入り お~いお茶」は、伊藤園の独自製法による美しいお茶の緑色と、すっきりおいしい飲み口で、水分補給、夏の行楽にもぴったり!読者の皆さまにも、これからもぜひご愛飲いただき、真夏の暑さにひとときの涼を感じていただけたらと思います。
※「氷水出し 京都宇治抹茶入り お~いお茶」に関しては、夏篇10話もご覧ください

「お~いお茶」を味わうとき、茶師の皆さんの優しい笑顔が思い浮かぶ。

夏篇では、茶師のご家族により深く注目し、家族同士で支え合い、お茶づくりに奮闘する姿をお伝えしました。深い感動を感じると共に、茶師の皆さんのたゆまぬ努力が「お~いお茶」のおいしさを支えていることを、改めて知ることができました。茶師の皆さん、これからも健康第一でお茶づくりを頑張ってください!

また再会できる日を楽しみにしております!皆さま、お元気で!

お茶は、植えてから50年もの間収穫でき、私たちに自然の恵みを届けてくれます。それだけに、常に未来を視野に入れ、愛情込めて育てていかなければなりません。皆さまも私と一緒に、茶師の皆さん、伊藤園スタッフ二人三脚でのお茶づくりを、これからも応援してまいりましょう!ご愛読、ありがとうございました!